News Ticker

ホームシェア(民泊)とは?


ホームシェア (民泊)とは、部屋を利用しない期間中、旅行者などの第三者にレンタルする民泊ビジネスのことです。それはホテルでは味わえない旅のスタイル、そして新しい遊休資産の活用方法。

tbwBSS-FwVkr4V7SfziRS4JAHjiiPBqM8B0SO4ihMtY,3THl_KP-W6v0chAx0K7WkBCU1QxjJxV-mLRa03VYa_o,OiAK9HdUBOBx2dbGzKDV7-fWOIWRUsZxeIGehTM-x1k,G6OpxnnZAS9utqO82xInmGRXxOe3dXZbJvFUe41FdBk

日本で最近話題になってきているホームシェア (民泊)ですが、欧米ではごく一般的なバカンスの利用法として親しまれています。コンドミニアムや一軒家、タウンハウスを家族や友人と貸し切り、そこでのんびりとバーベキューやパーティーを行いながら余暇を過ごすのです。つまり、日本でいう「貸別荘」と考えると良いでしょう。国内ではホームシェア (民泊)の大手である Airbnb社(本社・米国)をはじめ、日本の物件が掲載されているサイトは10サイト以上あります。今後、東京五輪を控える日本では2020年に向けてさらなる需要の増加が見込まれます。

 

ゲストのメリット


 

IMG_20150307_090914029

旅行者としてホームシェア (民泊)を使うメリットはたくさんあります。1人当たりの宿泊料金を安く抑えることが出来る他、世界中の物件をいつでもどこでも検索でき、空いていればすぐに料金を支払って予約が完了する簡潔さ。また、ホストとの交流を通じ、様々なローカルな体験を得ることもできます。ホームシェア (民泊)では、“暮らす感覚”で旅を満喫できるという理由から世界中で人気が高まってきています。

 

ホストのメリット


 

Screen Shot 2015-05-13 at 3.11.05 PM

部屋を貸す「ホスト」のメリットは、使われていない部屋を有効活用できるということです。例えば自分の所有している物件を旅行者である「ゲスト」に貸しながら、そこから得た収入によって自分もまた世界中を旅することができるかもしれません。またホストをすることで、世界中から訪れるゲストとの繋がりによって、世界中に友人の輪が広がるかもしれません。

 

日本で使えるホームシェア「民泊」サイト


airbnb_logoAirbnb(エアービーアンドビー)は「190カ国超の地元の家で、暮らす ように旅をしよう」をコンセプトに、世界中でホームシェア (民泊)を展開しています。利用者数もナンバー1の大注目のサービス。

homeawayHomeAway(ホームアウェイ)も世界中でホームシェア (民泊)サービスを展開しています。年会費がかかるのと、一軒家の別荘などの物件が多いのが特徴です。

imgresVacationRentalsは、アメリカ発の大手旅行口コミサイトであるTripAdvisorが運営するサービスですので、世界中の物件をリーズナブルに探すことができます。

imgresroomoramaの良いところは、特典サービスが充実していることです。旅行先でのレンタカーやタクシー代など、お得なクーポンがゲットできます!

logo-71e0cd67df996fc1a808e7e57962e027「お気に入りの田舎を見つけよう」がコンセプトのTOMARINA (とまりーな)は日本国内で農業体験などができるホームシェア (民泊)サービス。一味違ったユニークな体験ができます!


Airbnbホストになると苦労は伴いますが、いざ挑戦してみると今まで知らなかった世界に出会うことができます。お仕事が忙しく、時間を割くことが難しいためにホームシェア (民泊)の運営が厳しいという方や、何を始めたらいいのかわからないという方をサポートしてくれるMister Suite(ミスタースイート)というサービスもありますので、誰もがホストになることができるのです。

さあ、あなたも民泊ホストをはじめてみませんか?