News Ticker

2015年 Airbnb予約数が昨年の2倍の8000万件に!?

ニューヨークで1月撮影 ロイター/Shannon Stapleton

複数の投資家は、2015年のAirbnb (エアービーアンドビー) 予約数を、昨年の 4,000万件の2倍である 8,000万件だと予想しています。彼らによると、現時点での、宿泊件数が、投資銀行が今年初めに予想した約6,100万件を既に上回っており、成長率は継続または右肩上がりになると考えています。

これに対し、 Airbnbは公式の数字を発表しない方針です。Airbnbが、190カ国34,000以上の都市で150万件の物件を取り扱っていることや今夏に宿泊した人数が、1,700万人だったことを考慮すると、あながち間違っていないのではないでしょうか。

急激な成長の理由として、ヨーロッパへ進出と法人向けビジネスプランへの取り組みが考えられます。 Airbnbによると、売上高全体の 50%がヨーロッパ諸国を占めており、アメリカの30% と比べるとかなり大きな割合であることがわかります。パリでは世界最多の6万件もの物件が登録され、ホームシェア (民泊)として多くのゲストを受け入れています。アジア市場に関しては、米のベンチャーキャピタル、セコイヤと協力して、力を入れ始めています。

bnb_billboard_02-2000x1125-1

Airbnb in Madrid

Airbnbは、ベンチャーキャピタルが出資する企業の中で3番目に歩行があると位置づけされています。ハイヤットホテルズが約 67 億ドル (804億円) の企業価値があるに対し、 Airbnbは約 255億ドル (3兆 600億円)となっており、その差は歴然でしょう。

ホテル業界が、 Airbnbを初めとする ホームシェア (民泊)に対し脅威を感じるのも無理がないでしょう。日本でも、東京都大田区でホームシェア (民泊) (民泊)を許可する条例を制定することが発表されました

これからの、 Airbnbの日本での成長に目が離せません。

From; 米エアビーアンドビー、今年の宿泊予約は8000万件に倍増の見通し (ロイター)