News Ticker

素敵なAirbnbゲストになるためには?


MINPAKUでは、ホームシェア (民泊)をはじめとするAirbnb (エアビーアンドビー)ホストのためのコンテンツを中心に配信しておりますが、今回はゲストに向けて海外のメディアで掲載されていた「素敵なAirbnbゲストになるためのポイント」をお伝えします。Airbnbはホテルではありませんので、求められるエチケットが異なるのも自然なことです。

Airbnbなどのコミュニティでどのようなゲストが「良い」ゲストとされているのか。マナー・モラルの基準はどのようなところにあるのか、文化の違う人を受け入れるこそ、知っておいて損のない情報でしょう。

ホストにとってもゲスト側の流れを知っていくことはメリットになります。

~ 予約前 ~

リスティングを読む


例えば、公共交通機関やインターネットについての疑問は、リスティングを読めば解決されることが多いです。レビューは物件、立地、ホストについてよりよく知るための重要な手がかりなので、必ず予約前にしっかり読みましょう。

 

プロフィール記入をする


ホストからの不満で最も多いのが、プロフィール写真がなかったり、身分が確認できない人からの問い合わせです。誰かの家を借りるのですから、自分が誰かをある程度示しておくことが重要です。写真をアップロードし、ホストがあなたの電話番号とメールアドレスを確認できるようにしましょう。自己紹介文があれば更にいいですね。


紹介文を送る


予約前のメッセージが要求されていなくても、予約時に簡単なメッセージを送ると丁寧です。自己紹介をし、誰と旅行する予定なのか、なぜその地域を訪れるのか、などを伝えてみましょう。ホテルではないので、ホストはまだ会ったことのない友達みたいなものなのです。


いつ到着するか知らせる


何時頃到着予定なのか伝えておけば、お迎えの手配や出迎える準備がラクになります。途中で遅れることが分かれば、出来るだけすぐに伝えましょう。


~ 滞在中 ~


お部屋を綺麗に保つ


確かにあなたは清掃料金を払っているので、汚いまま出て行く権利はあります。でもそんな人になりたいですか?わざわざ掃除しなくとも、大体来た時と同じように見える状態で部屋を退室しましょう。汚いお皿を洗い、ベッドを整え、ゴミはゴミ箱に入れるなど、最小限のことをするだけでも大分印象が変わります。

 

問題があればすぐに伝える


何か問題が起こったあと悪いレビューを残すのではなく、滞在中にホストが問題を解決できるようチャンスを与える方が親切です。ホストもあなたに素敵な時間を過ごしてほしいと思っていますから。蛇口が水漏れしている、新しいシーツが欲しいといった場合、ホストはレビューでそれを知るよりもその時点ですぐに問題を解消したいはずです。

 

ハウスルールを守る


Airbnb (エアビーアンドビー)のリスティングのほとんどに、禁煙、夜は静かに、などといった基本的なルールがあります。ハウスルールをきちんと守り、ご近所さんにも迷惑がかからないようにしましょう。

 

ホストと会話をする


もちろん強制ではありませんが、もしホストが同じ場所に暮らしているのであれば、ある程度コミュニケーションをとったほうがいいでしょう。一緒にお食事をしたり、オススメのお店を教えてもらったりするのもいいですね。ホストとの会話を通じてインターネットで手に入るよりもずっと良い情報を得れるかもしれません。現地の人のような知見を得られることで、あなたの旅がぐっと楽しく満足度の高いものになります。

 

~ 滞在後 ~

感謝の気持ちをメモに残す


ホストが毎晩ディナーを作ってくれた、ワインをくれた、車で町中を案内してくれた、あるいは部屋に地元のパンとギフトカードを残してくれた。そのような手の込んだおもてなしを受けた時は、去り際に小さな感謝のメモを残し、丁寧に接しましょう。もしお金に余裕があるなら安いワインボトルも残しておけば、あなたが立ち去った後もずっと覚えていてもらえること間違いなし!

 

チェックアウト後にレビューを残す


星をクリックして2、3文のレビューを残すのにかかる時間は数分程度でしょう。ホストの助けになるばかりか、未来のゲストのためにもなります。主要施設までの徒歩での所要時間や、公共交通機関までの距離など、細かいことを盛り込めば、将来のAirbnb (エアビーアンドビー)ユーザーに大いに役立つことは間違いなしです。

 

今回ご紹介したように、人の家に泊まるマナーやモラルは日本人とほとんど変わりません。海外の方だから文化的に違うのではないか、など気にすることなく、ゲスト様と気持ちのいい取引が出来るといいですね。

From; HOW TO BE A GREAT AIRBNB GUEST (Seek New Travel)