News Ticker

高まる民泊ニーズ。日本でもAirbnbが急成長!


日本では円安やビザ緩和の影響もあり訪日外国人の数は著しく増加しています。しかし、ホテルの空室不足がメディアでは騒がれており、2020年の東京オリンピックに向けて、早急に解決していかなくてはならない問題になります。そんな中、空いているお部屋を旅行者の方々に貸し出す民泊ビジネスが急成長しています。

民泊とは、自宅やマンションなどの空いているお部屋を、旅行者に宿泊施設として有料で提供するというサービスです。部屋を借りたい旅行者と貸したい空き部屋のオーナー(ホスト)を、インターネットで効率的に繋ぐモデルが世界中で普及しています。そんなホストとゲストを仲介するマッチングサイトを代表するのがAirbnb (エアビーアンドビー)です。

Airbnbは2007年にアメリカで創業され、現在190か国・34000都市以上、4500万人のユーザーを集めるほどの急成長を遂げているといいます。利用状況について、世界ではこの夏のピーク時には一晩で100万人が Airbnbを利用したといい、国内でのホスト数は1万3000件を超えて、2014年と比べて3倍以上の伸び率を示しているといいます。

民泊のメリットとして、旅行者が現地の商店街に行って買い出しをしたり、ホストから地元でオススメの店を紹介してもらったりと、地元の人と暮らすような旅を体験できるということが挙げられます。また、ホテルや旅館に泊まるよりも安価であることも魅力です。逆に、ホストは世界中の人々との出会い、繋がることができるうえ、空き部屋を有効活用することにより、短期間でも収入を得られるというメリットがあります。

円安などの影響で、日本を訪れる外国人旅行者の増加は著しく、7月末の時点での訪日外国人旅行者数は前年同期比47%増の1106万人で、7月での1000万人超は史上最速だといいます。対して、少子高齢化に伴う人口減少や核家族化といった問題により、空き家や空室の問題の深刻さも指摘されています。

これからどんどん成長していく日本のインバウンドビジネスにおいて、今後の民泊ブームから目が離せません。

From; 増える外国人旅行者、高まる「民泊」ニーズ  日本でも「Airbnb」が急成長 (J cast ニュース)