News Ticker

訪日客1105万人突破、アジアから中心に47%増


日本政府観光局は19日、1〜7月の訪日外国人が前年同期比の47%増加の1105万人を突破したと発表しました。1000万人の到達は昨年より3ヶ月早く、過去最速とのことです。

なかでも、中国をはじめとするアジアからの訪日客が急増。観光庁は、「大きな外的要因がない限り、通年で1800万人を超える見込み」と分析します。

7月の訪日外国人は前年同月比51%増の191万人で、単月としては過去最高です。この急激な外国人旅行客の増加には、円安や政府によるビザの発給要件緩和などが寄与しているとみられます。

1〜7月の国・地域別で首位となったのは、前年同期に比べ2倍強の275万人を記録した中国。2位は韓国の216万人(42%増)、3位は台湾の215万人(29%増)で、香港、米国が続きます。

中国からの訪日客の大幅な増加は、日本政府が今年1月に何度も入国できる数次ビザの発給要件を緩めたことも背景にあります。発給要件緩和により、今後も中国からの訪日客数は増え続ける見込みです。

このペースでいけば、日本の政府が掲げる「東京五輪のある2020年までに訪日外国人数年間2000万人」という目標が、今年に前倒し達成される可能性もありそうです。

From; 訪日客1105万人、中国・アジアから中心に47%増(日本経済新聞)