News Ticker

Airbnb、新たに15億ドルを調達 – 評価額は255億ドルに


Airbnb (エアビーアンドビー)が、最新の投資ラウンドで15億ドル(約1800億円)の資金を調達しました。また、この資金調達に際して、同社の評価額は255億ドル(3兆円超)に上昇したと複数の媒体が報じています。

WSJによれば、15億ドルという投資額は、配車サービスのウーバー(Uber)が今年調達した28億ドル、中国Eコマース最大手のアリババ(Alibaba)が2011年に調達した16億ドルに続き、未公開企業としては過去3番目に多い金額です。また、255億ドルという評価額は現時点で中国のスマートフォンメーカーのシャオミ(Xiaomi)の460億ドル、ウーバー(412億ドル)に続くものなのだそうです。

加えて、WSJは、Airbnbには全世界で140万件を超える短期賃貸物件が登録されており、同社の売上は2013年の2億5000万ドルから今年は9億ドルを超える見通しであると報じました。また、同社の評価額が大手ホテルチェーンのヒルトン(276億ドル)やマリオット(209億ドル)のそれと並ぶ規模に達しているとの指摘もあります。

Airbnbが創設されたのはわずか7年前の2008年です。しかし、この通り、それが信じられないほどの急成長を遂げています。今後も、この勢いが止まることなく、ますますAirbnbが成長し、それに伴いホームシェア (民泊)業界も成長していくといいですね。

 

From; Airbnb、新たに15億ドルを調達 – 評価額は255億ドルに (WirelessWire News)