News Ticker

フィラデルフィアを皮切りにAirbnb合法化の流れとなるか?


ホームシェア (民泊)仲介サイト Airbnb (エアビーアンドビー)は、世界で人気を誇っていますが、国や州、街によってはサービスが法律に触れる場合もあります。短期間とはいえ、個人所有の物件を貸し出すことは、宿泊施設とみなされ、それ相応の規定をクリアしていなければならないというのがその理由です。これまで、Airbnbの代表する米国で、ホームシェア (民泊)サービスを認めているのは、サンフランシスコやポートランドなどの少数の都市のみでした。しかし、今回、新たに合法化に踏みきったのがペンシルベニア州のフィラデルフィアです。

そのきっかけとなったのがローマ法王の訪問です。この一大イベントに際して不足するのが宿泊施設なのです。

フィラデルフィアには、今年9月ローマ法王が訪問する予定です。9月22日から27日まで、World Meeting of Familiesが開催され、それには1万5000人が参加する見込みだといいます。その上、参加者以外にも、ローマ法王に謁見するため150万人が街に訪れると予想されています。街にある宿泊施設の数は1万1000室ほどで、期間中はそのほとんどがすでに予約で満室状態になっており、どう考えても宿が足りません。そこで街が、一般の人々の家を宿として開放する策に乗り出し、Airbnbのようなホームシェア (民泊)仲介サービスにが合法化されたのです。

Airbnbは合法化されますが、それにともない課税もあります。短期レンタルには、宿泊施設同様8.5%の税が課せられます。また、貸出しできる期間は連続して30日以内(それ以上は許可申請が必要)、1年でトータル180日以上の貸出しは不可などの細かいルールも適用されます。

大きなイベントがある街では、今後フィラデルフィアのような処置をとるところも増えてくるのではないでしょうか。それに伴い、ホームシェア (民泊)ビジネスが更なる発展を迎えることになるかもしれませんね。

 

From; Philadelphia legalizes Airbnb rentals ahead of Pope Francis visit (Mashable)