News Ticker

予約獲得数150%?! 使える民泊「値引き」術


実際にホストとしてAirbnb (エアビーアンドビー)に物件を掲載して運用を始めると、お問い合わせから本予約につなげることが意外と難しいことに気がつくと思います。ゲストはたくさんの物件と比較しながら宿泊先を探していますから、予約を確定させるためには、工夫が必要になります。

それでは、問い合わせを受けたゲストを逃すことなく予約まで行き着かせるためにはどうしたらよいのでしょうか?その秘訣は問い合わせ後の24時間にあります。問い合わせをしているお客様は、いわばフェンス越しにいる状態で、まだ予約からは遠いわけです。もしお客様がいくつか他の物件にも問い合わせをしていて、あなたの物件が多少なりとも気に入っていたとしても、予約まで進んでいただくためにはもうひと押しが必要なのです。

以下にご紹介するのはZipinionが行った、最近ホームシェア (民泊)を利用した100人のゲストを対象としたアンケートです。
「もし問い合わせ後24時間以内の予約にのみ、5-10%の値引きを受ける事ができるとしたら、そのオファーを受け入れるか否か」という質問です。

Screen-Shot-2013-08-09-at-4.14.10-AM-1024x380

その結果は驚くべきものでした、なぜなら59%の人が値引きがあるなら予約をすると答えたのです。

予約をしたい(59%)という意見としては、

  • その物件が前から気になっていたものであれば、値引きにとびつかない理由はありません。
  •  私は常に良い物件を探しています。値引きがあり、いずれにしろ予約しそうな物件であれば、すぐに予約すると思います。
  • 全体の価格が何千円、何万円になると仮定すれば、5-10%は素晴らしい値引き率です。値引きはどんなものでも有難いですね。
  •  そのオファーを受け取ると思います。なぜなら、浮いたお金を食べ物や博物館の入場券など他のことに使うことができますからね。
  •  特に現在の経済状況を考えると、お金をできるだけ使わないで済むような機会があれば出来るだけそちらを選びます。

 

もちろん、このオファーに応えないという人もいました。(41%)理由は以下の通りです。

 

  • じっくり見ればそうでもないかもしれないがぱっと見よさそうに見える取引のために急ぎたくありません。
  • もう少し自分で物件を探してみて、もしそれが本当に一番良いものかどうか確かめたいですね。
  •  時間に限りがあると変な感じがします。その物件に何かあるのだろうかという気になってしまう。
  •  お金をかけてもかまわないと考えているので、プレッシャーを感じながら予約したくありません。
  •  5−10%の値引きはすぐに予約しなくてはと思わせる数ではありません。しかし、10%以上であれば私もすぐに予約したいと考えると思います。

 

「今予約すると値引きされる」という期間限定のオファーは、有効なセールス技術の1つになります。

大半の人がそのオファーを引き受けたいと考えます。一方、そのようなオファーが急ぐのを嫌うゲストを更に遠ざけてしまうということもあります。それは、値引きに抵抗を感じるゲストはもともと潜在的に予約の可能性が低かったとも考えられます。

しかし、このアンケートから、50%以上の確率でこの方法が上手くいき、予約率を高めることができるといえます。問い合わせを予約に変えるためにもうひと押し必要なとき、ぜひ一度この術を試してみてはいかがでしょうか。

From; HOW MUCH DO DISCOUNTS REALLY MATTER? (VRMB / vacation rental marketing blog)