News Ticker

外国人が押し寄せホテル不足!? 予約困難、部屋代急騰も!


観光庁が2015年6月9日に公表した「観光白書」によれば、14年の国内旅行者は微減だったものの、訪日外国人旅行者数は前年の13年を29.4%上回り、1341 万人と2年連続で過去最高を更新しました。これによってトータルでは延べ宿泊者数は同1.4%増の4億7232万人泊と増加。外国人延べ宿泊者数は同33.8%増の4482 万人泊で、訪日客の消費額は2兆278億円と過去最高を記録しました。

訪日客の増加は円安や訪日ビザの条件緩和などが影響していて、日本食や買い物を楽しむために訪れるのだそうですが、これによって活況を呈することになったのがホテル業界です。

特に東京都と大阪府の客室稼働率の上昇は顕著で、11年の東京都での稼働率が68.0%、大阪府が68.2%だったのに対し、14 年はそれぞれ81.5%、81.4%となりました。稼働率が80%を超えると、ホテルの予約が取りにくくなると言われており、今や、お盆や年末年始の予約ともなれば半年前に予約しなければ間に合わない状況で、部屋代もディスカウントされるどころか、急激に「高騰」することになってしまいました。都内に限って言えば、夜に空き部屋をディスカウントして貸し出したりもしていたが、そうしたことも影を潜めました。日経新聞の15年2月13日付けの記事によれば、全国600ホテルを対象に集計した14年の平均客室単価は前年を8・2%上回る結果となったのです。都内では帝国ホテル東京が同8・9%上昇し08年以来となる3万円台を回復し、大阪ではホテルグランヴィア大阪が同12%上昇しました。

楽天トラベルによれば、東京や大阪は宿泊客が増えたことによって、従来なら価格を下げなければ売れなかった部屋が「適正な価格」で売れるようになり、高単価傾向が続いています。また、早期に予約しなければ宿泊で困難になってしまいました。ビジネスホテルなどでも1週間前が普通になっていて、国内旅行では90日前、お盆や年末年始だと半年前に予約しなければ厳しい状態だと説明しました。そしてホテルの予約が増えているのは都心だけの傾向ではなく、これまであまり増加傾向の見られなかった地方でも起こっていることなのだそうで、こうしたホテル業界の活況はこれからも続いていく見込みです。

というのも、訪日客の増加がさらに進むのは明らかで、15年の訪日客数は1月が前年比29.1%増、2月が同57.6%増、3月が同45.3%増(推計:観光局調べ)と増え続けているのです。また、国が地方創生事業として「ふるさと旅行券」を15年4月から発売したのですが、これを使った注文も楽天トラベルに殺到してます。これは、指定された地域への旅費が大幅に割り引かれるというもので、これによって国内旅行客の増加を目指すのだそうです。

さて、稼働率が80%を超えた東京と大阪ですが、ホテル不足を懸念する声も上がっています。ただし、ホテルの建設は20年の東京オリンピックを見据えいろいろ計画されていて、西武ホールディングスは16年に東京都千代田区に「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」をオープンし、ホテルオークラも本館を建て替えて19年に開業します。総合都市開発のアパグループも東京都新宿区に5棟目となるホテル「アパホテル東新宿 歌舞伎町II」(14階建て、129室)を17年2月に開業する予定です。このような計画が打ち出されたのは、既存の4ホテルのうち3ホテルの稼働率が100%を超えたからであり、「更なる需要の獲得を目指した開業となる」と説明しています。

宿泊の需要の上昇、ホテル代の高騰はあなたのホームシェア (民泊)の需要を増加させる要因となるかもしれません。これからの動向も期待したいものです。

 

FROM; 外国人が押し寄せ「ホテル不足」!? 予約困難、部屋代「急騰」も (livedoor NEWS)