News Ticker

民泊を運営していくにあたって避けられない3つの障害


Airbnb (エアビーアンドビー)などのホームシェア (民泊)運用を始めようか考えているという方がいらっしゃれば、ホストが何において悩み、苦労しているのかを知っておくことは、今後の運用の参考となるでしょう。

 

1. 英語の必需性


あなたが日本人ならば、まず一番に苦悩することとなるのは英語に関することでしょう。

Airbnbを利用するゲストの内訳のうち、9割は外国籍の方々です。そのため、問い合わせの対応をはじめとして、物件の紹介ページの作成や正確な位置情報の伝達、チェックイン・チェックアウトの時間や方法の取り決めなど、全ての事項を英語で行う必要性が出てきます。

 

2. 時間的制約・負担


民泊とは、お客様をおもてなしすることですから、苦労が伴うのは避けられません。様々な業務があなたの時間を制約し、負担となってしまうこともあり得ます。しかし、ホームシェア (民泊)を営む恩恵は金銭面にと留まらず、たくさんの出会いと人々の温かさに触れ合うことができます。そんなホームシェア (民泊)を始めようと思っているあなたにホスト達が何において苦労しているのかお教えします。

価格決定

価格を決定するには他の物件の価格と照らし合わせたり、様々な情報をもとにご自分の物件の価値を客観的に判断することで、価格を決定する必要性があります。また、価格を決定した後も、シーズンなどによる需要の変動を考慮して、日々試行錯誤をしていかなくてはなりません。

鍵の受け渡し、チェックイン・チェックアウト

郵便受けに鍵を入れておくなどの方法もありますが、それができない場合はご自身で赴いて行うことが必要になります。慣れない地に道に迷ってしまうゲストもいることでしょう。何か問題が起こったらその都度対処しなくてはなりません。

部屋の清掃

ゲストが帰ったら、次のゲストが来るまでに清掃をしなくてはなりません。お部屋が清潔であることは、ゲストの満足度に直接繋がります。ゲストの宿泊スケジュールに合わせてその都度手配しなくてはなりません。

自信でホームシェア (民泊)運用をしていくならば、諸業務による時間的制約・負担に対する心構えをし、いかに効率的にこなしていくか、前もって考慮しておいた方が良いかもしれません。

 

3.日常生活に付き纏う不安感


ホームシェア (民泊)運用を始めれば、当たり前のことですが、あなたが日常生活を送っている傍ら、あなたの物件には新しくゲストが訪れ、チェックインをして宿泊を始め、チェックアウトをして帰っていくということになります。たとえこまめに連絡をとってくれるゲストであったとしても、たとえ何人ものゲストを招き、ゲストを招き入れることに慣れてきたとしても、その気持ちはあなたの日常生活に付き纏います。その分でお金が入ってくるのですから、ある程度の覚悟は必要になりますね。

これからホームシェア (民泊)を始めようかと考えている方も、今すでに運営しているという方も、果たしてこれらの苦労に対する心構えや予防策は十分でしょうか?

 

諦めるのはまだ早い。プロによる運用代行サービスで負担軽減


当然のことながら、運用代行を依頼するのは多少の経済的負担にはなりますが、自らの手でゲストとのやり取りを行う必要がなくなり、時間的制約からも解放され、そして何より、ゲストの滞在について気にかける必要がなくなるのですから、プロの代行サービスを頼むのも一つの手でしょう。Mister Suite (ミスタースイート)という運用代行サービスもございます。写真撮影からメッセージのやり取り、清掃まで全てのプロセスを代行して携わってくれるサービスです。