News Ticker

その価格設定で大丈夫?−−Airbnbホストが注意すべき5つの間違い


一度あなたの物件に相応しい価格を決定したら、その価格を今後いじる必要がないと思っていたら、大きな間違いとなります。

もしあなたが季節やイベントなどに合わせて定期的に価格を調節していないのだとしたら、得るべき利益を無駄にしているも同然です。ですから、今回はAirbnb (エアビーアンドビー)上での価格設定の際、最もよく見られる間違いをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

1. 価格を運用開始当初から高く設定しすぎること


Airbnb (エアビーアンドビー)にあなたの物件を載せる際、特にもしそれがあなたにとって初めてのホームシェア (民泊)物件であった場合、ホストとしてのあなたに対する信用は無いに等しい状況です。すなわち、すでに何十何百のレビューを獲得している、定評のあるホストやその物件と張り合うのは難しい状況であるということです。その為、始めは価格を市場価格よりも低く設定することで予約を確保し、まずはレビュー、そしてそれを裏付けとしたホストとしての信頼を獲得するのが先決です。

 

2. 必要以上に長い間価格を低く設定してしまうこと


レビューをある程度獲得した後は適宜価格を上げていかなくてはなりません。翌3ヶ月に渡って予約が埋まったことで満足を感じたとすれば、それは満足すべきことではありません。それが意味するのは、その物件に対してその値段では安すぎるということです。それでは得るべき利益を無駄にしてしまうことになります最高でも、予約が全て埋まるのは翌2〜4週間、そして翌4〜8週間は半分ほど予約が空くぐらいが適正価格の目安です。そのぐらいの予約状況を感じられるまで価格を上げてください!

 

3. 平日と週末の価格を同じにすること


平日と週末の価格を同じに設定してしまうことは間違えです。ホテルの宿泊費が週末高くなるのには理由があります。単純ですが一番の理由は需要が高くなるからです。ホテルや同じ地域にある他のAirbnb物件の価格を見て、平日と週末の価格を比較してみてください。あなたが平日と週末、それぞれに対してふさわしい価格を決定する為のスタート地点となるはずです。

 

4. 一年に渡って同じ価格にしておくこと


大抵の場合、あなたの物件の地域への旅行の需要は季節によって変動を見せます。季節ごとの需要を把握することは、価格をより相応しく設定することを可能にします。一年に渡って予約を獲得し、利益を最大化していく上での重要な鍵となるでしょう。需要の低い季節に価格を高くしすぎてしまえば、獲得し得た予約を失うこととなりますし、逆に需要の高い季節に価格を低くしすぎれば、獲得し得た利益を損失するに等しいのです。

 

5. 開催予定のイベントを価格決定の参考にしないこと


人気なイベントの開催時には、早い時期から予約が埋まってしまうこともあります。このようなイベントに向けた予約は、通常の一泊の価格の2〜5倍もの価格にも匹敵する価値があるのです。ですから、もしあなたが通常価格のままで予約を埋めてしまったのならば、とても大きな損失をしてしまっていることになるのです。

以上がAirbnb上での価格設定でよく見られる5つの間違いです。あなたの価格設定において、当てはまる節があったでしょうか?
心当たりのあった方は、早いうちに価格を見直す必要があるでしょう。なぜなら得られるべき利益を無駄にしてしまうことになるのですから!

From; Your Airbnb Pricing Strategy Sucks (learn airbnb)