News Ticker

民泊ホストに英語は必須!?


今注目のAirbnbって?


Airbnb (エアビーアンドビー) とは今注目されている、世界中に空き部屋などを持つ宿泊場所の提供者(ホスト)と宿泊場所を探している旅行者(ゲスト)をつなぐインターネット上のプラットフォームです。利用者数は急激に増えてきており、世界中で2500万人にも上るとも言われています。

訪日旅行客数は今年3月には過去最高の150万人を突破し、政府も民泊認可に向けて積極的な姿勢です。また、2020年の東京オリンピックを控えた日本は更なる観光大国となっていくと言われています。Airbnbの日本での普及も著しく進んでおり、これからの宿泊産業の大きな1役を担うようになっていくことは間違いありません。

 

言語の壁


そんなAirbnbに「自分も物件を掲載して実際に運営を始めてみよう!」と思っても、大抵の方は外国人のゲストから問い合わせが来た場合に自身で対処していけるのか、不安に思うことでしょう。事実、いま日本でAirbnbを用いて宿泊をするゲストのほとんどは外国人なのです。Airbnb では基本的にゲストとホスト間やりとりはAirbnb内のメッセージ機能で行われます。ゲストからもらう問い合わせ内容は、 チェックイン・アウトの方法から物件までの道順、周囲の観光スポットなど多岐に渡ります。果たして自信のない英語を使ってホームシェア (民泊)物件を運営していくことは可能なのでしょうか?

 

英語の必要性


たしかに、英語に自信がなくても意欲さえあればAirbnbでの運営はやっていけます。英語のメールテンプレートなどを事前に作っておいて機械的に送信していけば、ある程度は問い合わせに対応することができるでしょう。しかし、想定していない事態が起こることも大いにありえます。例えば、あらかじめ準備していた道順を送ってもゲストが道に迷ってしまったというリアルタイムな問い合わせをもらうことがあります。ここでは、迅速で的確な英語での対応が必要とされます。なんとかしてゲストを物件まで誘導することが出来たとしても、コミュニケーションがスムーズでなければ、最終的に高い評価を受けることは期待できないでしょう。評価が良くなければ、次のゲストを獲得するのが難しくなってしまいます。

 

自信がなくても大丈夫。奥の手があるんです。


宿泊施設としてゲストに満足してもらい、高評価を受け、成功を収めていくためには相応の英語力は長期的に見て必要不可欠といえます。英語の話せる知り合いに助けを求めたりインターネットの翻訳機能を駆使したりするといった手法もありますが、常に迅速でなおかつ正確な対応でありたいものです。だからといって英語でのやりとりや、自身での運営に自信のないために諦めてしまってはもったいないことです。そんな方々に朗報な心強いサービスが日本にはあります。ホームシェア (民泊)運営代行のMister Suite (ミスタースイート)です。写真撮影から実際のゲストとのメッセージのやり取り、清掃まで一括して携わってくれるサービスです。「せっかく民泊を始めるのなら成功したい!」そんな方は、ホームシェア (民泊)のサポートサービスMister Suite(ミスタースイート)に一度相談してみてはいかがでしょうか。