News Ticker

成田、14年度営業収益は3期連続過去最高-15年度も増加予想

成田国際空港(NAA)の2015年3月期(2014年4月1日~2015年3月31日2015年4月期)連結決算で、営業収益は前年比1.8%増の2031億円と前年を上回りました。物販や飲食収入、構内営業収入を中心の増収だったそうです。


特に著しい増加を見せたのが航空取扱量。航空機発着回数、国内線発着回数、国際線外国人旅客数、国内線旅客数などが開港以来過去最高を記録しました。中でも航空機発着回数は0.9%増の22万8000万回で、NAAによるとLCCをはじめ多くの新規就航や増便があったことから3期連続での増加となりました。航空機発着回数のうち、国際線発着回数は0.3%減の17万8000回と減少したのですが、国内線は5.4%増の5万1000回と増加しました。

一方、航空旅客数は国際線日本人旅客が低迷したことで、2.0%減の3531万人。国際線の旅客数は5.1%減の2930万人と前年を下回っており、日本人旅客数が15.3%減の1350万人でしたが、外国人旅客数は15.1%増の1064万人と増加しました。通過客は9.1%減の516万人となり、国内線の旅客数は15.9%増の600万人でした。

2015年度の連結業績予想では、営業収益は3.7%増の2106億円、営業利益は6.5%減の362億円、経常利益は7.9%減の307億円、純利益は2.7%増の202億円を見込んでいるそうです。また、航空取扱量では、航空機発着回数が2.8%増の23万5000回で、このうち国際線は2.6%増の18万2000回、国内線は3.6%増の5万2000回となる見通しだそうです。航空旅客数は1.8%増の3595万人と増加する予想で、国際線は0.2%増の2937万人、国内線は9.7%増の659万人となる見込み。

空港は旅行客がやってくる際の窓口です。その経営状態が良くなるということは、ゲストの増加する見込みがあることを意味すると言っても過言ではないでしょう。成田国際空港をはじめとする空港に、更なる活気がおこることを祈るばかりですね。

 

FROM; 成田、14年度営業収益は3期連続過去最高-15年度も増加予想 (Travel vision)