News Ticker

「道を聞かれると困る」英語力に焦りを感じる人4割超


ECC PR事務局は、20~60代の男女2000名を対象に、「英会話力」に関するインターネット調査を実施しました。英語が苦手だと言われ続けている日本人ですが、現状はいかがなものなのでしょうか?

今回の調査の結果はこちらになります。

d13238-2-641202-1-600x125

 

以前よりも格段に街中で外国人旅行者を見かけることが多くなってきた現在、英語に焦りを感じている人は42.4%に上ることが今回の結果で判明しました。訪日外国人と接する機会が必然的に日本の中でも増えましたが、やはり日本人の英語への苦手意識はまだ改善されていないのですね・・・

一番困ったシチュエーションは「道を聞かれた時」で46.5%でした。その次に多かったのは「接客業での商品・サービス説明」25.2%で、実際に仕事の中でも必要に迫られている状況を窺い知ることができます。

あなたの英語力はいかがでしょうか?そろそろ日本人も英語ができないイメージを覆したいものですね。

From; 「道を聞かれると困る」訪日外国人増加で自分の英語力に焦りを感じている人は4割超 (Work Master)