News Ticker

Airbnbホストとして効率よく「成功」するための6つの心得


Airbnb (エアビーアンドビー)ユニークな特徴の1として、ゲストがホストと繋がりをもつことができるということが挙げられます。この繋がりこそがゲストの滞在の質を向上させる鍵になります。しかし、ホストにも自分の生活がありますから、その忙しさからホスティングに十分な時間をかけられないこともあるでしょう。

Airbnbのホスティングのある程度の業務は繰り返しになります。ですから、効率よく業務をこなすことによってホストとしての負担を減らすと共に、おもてなしの質が下がるのを防ぐことができるのです。

今回はホストが毎度行っている、Airbnb上のチェックインとチェックアウト業務を効率よくこなしていくための6つの心得をご紹介します。

 

〜するべき3つのこと〜


抜け目のないウェルカムガイドを作成する

ウェルカムガイドで答えられる質問が多ければ多いほど、ゲストが訪れたときにあなたに尋ねてくる質問は少なくなるでしょう。時間をかけて、あなたの家の中でゲストが知る必要があると考えられるすべてのことを考え出してみましょう。

鍵のやり取りを単純化する

旅行客があなたの元へたどり着いたとき、彼らはきっと疲れ切っていて、複雑な鍵のやり取りを嫌がるでしょう。鍵をドアーマットの下に置いておく古いやり方は安全とは言えません。一般的なのは、対面で渡したり、鍵付きのキーボックスを用意したりすることです。いろんなカギの受け渡し方法が想定されますが、なによりも安全であることが第一です。

他の人に助けてもらう

ひとりで負担を抱え込まないために、あなたの手が空いていないときは家族や、友人にホスティングを手伝ってもらいましょう。英語が苦手だったら、英語のできる友人に手伝ってもらうなどの具合にです。友人や家族への負担が大きい場合などは、Mister Suite (ミスタースイート)などのホスト代行サービスを利用することをお勧めします。ゲストの滞在終了後に清掃を手配したり、ゲストとのメッセージを代わりにやってくれます。

 

〜してはいけない3つのこと〜


 

掲載ページで嘘をつく

Airbnbのリスティングページにあなたのリスティングの説明書きを記載しますが、あくまでも嘘を書いてはなりません。例えば、ベッドの数を偽ったり、テレビの有無を偽る、といった具合にです。誇張して記載したくなる気持ちはわかりますが、あくまでも等身大にリスティングについて述べましょう。逆に、部屋の特徴は全て記載する様にしましょう。アピールする要素を増やすことはホストにとって強みになりますし、お問い合わせの数も減らすことができるため、ホストにとっても負担が減ることになります。ゲストへあまり期待をさせずに裏切らないことによって、低評価レビューを避け、さらなる予約へとつなげることができます。

手を抜く

手続きをマニュアル化することでホスティングの負担は減りますが、ゲストの滞在に関して妥協するようなやり方で手を抜いてはなりません。メッセージのやりとりも、テンプレートの最後に一言添えるなどすると、人情味がでてきます。また、清掃を怠るということは、ゲストに不満を感じさせてしまうことになり、長い目で見ると損をすることになります。単純化できるものもあれば、時間をかけてする価値のある物事もあります。おもてなしの心はあくまでも忘れてはいけません。

家具などの備品をケチる

他人が使用する部屋であるとなると、どこかお財布の紐も固くなりがちになりますが、家具などの備品をケチることは良いことではありません。まず、家具は見栄えに影響しますから、実際に掲載したときに格好悪いようだと集客は見込まれません。それなりの価格をつけるためにはやはり、見栄えがよくなくてはなりません。また、電子レンジやテレビなどの備品をケチってしまうのもあまりお勧めできません、確かに最初の設置費用は抑えることができますが、その分操作が複雑化してしまったり、故障などが起こってしまう確率は多くなります。そうなった場合にホストとしての自分に返ってくる業務を考えると、コストパフォーマンスを重視しすぎるのもよくないことがわかります。

 

 

ホスティングをいくら効率的にこなしていこうと思ってもやはり限度があります。そんな方は無理をせずに諦めないで、一度ホームシェア (民泊)の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
日本でホームシェア 運営代行サービスを展開しているMister Suite (ミスタースイート)は現状に困っているホストや、これからホームシェア ビジネスに従事していこうと考えている方をサポートしています。

 

From; The Definitive Guide To Automating Airbnb (DareBnB)